RED EPIC Dragonドローン空撮 (Drone)

CASE

実際に撮影した空撮ムービー例です。

MITSUBISHI ESTATE(ドローン空撮)

Nikon D7200 最新DXフォーマットカメラ(ドローン空撮)

「Tokyo colors.」(ドローン空撮)

Outline

空撮サービス概要

お客様の要望、映像イメージに合わせ、当社で機材を選定・飛行、空撮のアシストを行います。

空撮用システム

レンタル

スチール/ビデオ撮影用システム

お客様

※弊社でご用意出来ないカメラは
お客様でご用意いただきます。

操縦士(撮影サポート)

レンタル

Service

機材・運用サポート

コンサルティングから当日の機材飛行、運用までをサポートします。

コンサルティング(事前打ち合わせ)

ご要望をヒアリングさせていただきます。
空撮機材・カメラの選定をいたします。
最終的なお見積をさせていただきます。

リハーサル

事前リハーサルを実施します。
お客様へのトレーニングを行います。

当日運用

空撮機材を現場搬入いたします。
撮影機材セッティングを行います。
機材飛行オペレーションを実施します。

EQUIPMENT

空撮用機材

GoProの用なアクションカメラからRED等、大型機まで要望に合わせて御用意します。

Quad Copter

コンパクトな機体のマルチコプターです。マイクロフォーサーズ機(レンズ:12mm-15mm)まで対応可能です。
3軸対応となり今まで以上に自由度の高いフレーミングが可能となっています。
オペレーションは機体操縦とカメラアングルを別のオペレーターが行い正確なフレーミングを約束します。

CAMERA SUPPORT

  • GoPro3
  • GoPro4

Hexa copter

6ローターシステムはハイカーボンフレームに最適なハードウェアを搭載し、
空撮時の微振動を極力排除した自社組上げによるDSLR機の搭載を可能にした中型システムです。
ギンバルはFreefly Systems社のMōVI M5、MōVI M10を搭載する事が可能となっており振動のないハイクオリティーな映像製作を可能にしています。

CAMERA SUPPORT for M5

  • BLACKMAGIC POCKET CINEMA CAMERA
  • CANON C100
  • CANON 1D-C
  • CANON 5D MKIII
  • CANON 7D MKII
  • CANON 70D
  • NIKON D4
  • NIKON D810
  • PANASONIC GH4
  • SONY A7S
  • SONY ALPHA99
  • Freedom360

CAMERA SUPPORT for M10

  • CANON 1D-C
  • NIKON D4
  • SONY FS100
  • SONY FS700

Octo copter

8ローターシステムはハイカーボンフレームに最適なハードウェアを搭載し、
空撮時の微振動を極力排除した自社組上げによるRED EPIC等、
カメラ総重量が3キロ(5.44キロまで)を超えるシステムの搭載を可能にした大型システムです。
ギンバルはFreefly Systems社のMōVI M10、MōVI M15を搭載する事が可能となっており振動のないハイクオリティーな映像製作を可能にしています。

CAMERA SUPPORT for M10

  • BLACKMAGIC CINEMA CAMERA4k
  • CANON C300
  • CANON C500
  • CANON 1D-C
  • NIKON D4
  • RED DRAGON EPIC
  • RED SCARLET
  • SONY FS100
  • SONY FS700

CAMERA SUPPORT for M15

  • RED DRAGON EPIC
  • RED SCARLET
  • SONY FS100
  • SONY FS700
  • ALEXA Mini

大型Hexa copter

Gryphon製のカーボンフレームにT-motor製の大型モーターとプロペラを搭載し、FREEFLY MōVI M15を合わせた国内最大級のシステムです。5キロ以上(カメラ周辺機器含め最大:6.8キロまで)の大型カメラシステムに最適なマルチコプターシステムとなります。

CAMERA SUPPORT for M15

  • ALEXA Mini
  • RED DRAGON EPIC
  • RED SCARLET
  • SONY F5/F55
  • SONY FS100
  • SONY FS700

※カメラの構成によってマルチコプター及びギンバルの組み合わせは異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

Operate

撮影形式

撮影用機体と目的に合わせてオペレーターの形式を選定いたします。

2オペレーター形式

オペレーターが2人に分かれ、機体制御とカメラ制御を分担して行います。
主に中型カメラから大型カメラを利用して撮影を行います。

撮影用機体
6~8ローターシステム
カメラ機材例
デジタル一眼レフカメラ/ビデオカメラ/RED等

撮影イメージ

マルチコプタの機体とカメラ制御をそれぞれ別で行いカメラを地上でモニターしながらチルト・パニングのアングル操作を細かく行います。 6ロータ、8ロータとの組み合わせが一般的です。最適なフレーミングをカメラオペレータがアシストします。

シングルオペレーター形式

小型機にGoProカメラを搭載し2軸Gimbalシステムをシングルオペレーターで撮影を行います。
カメラを地上でモニターしながらチルト・アングル操作を行います。
【補足】 シングルオペレーター形式は小型4ローターの場合のみです。カメラはGOPROシリーズが搭載可能で、軽量で1回のフライトタイムが長くとれます。
カメラアングルは主にチルト操作か機体を旋回してカメラワークをします。
主に映像製作において撮影航路の確認及び上空からの地形確認、本番前の現場状況確認等で利用します。

撮影用機体
4ローターシステム
カメラ機材例
GoPro3/GoPro4/小型4kカメラ

撮影イメージ

カメラを地上でモニターしながらチルト・パンアングル操作を行います。

Plan

基本プラン

ご利用の空撮機器にあわせ、4つの基本プランをご用意いたしました。

4ローターマルチコプタープラン

空撮機材
2軸ギンバル搭載4ローターマルチコプター(3軸対応になりました。)
搭載可能カメラ
GoPro3+、GoPro4、小型4kカメラ

基本プラン

●基本プランに含まれるもの

  • 1事前打ち合わせ(撮影状況、機材、その他オプション)
  • 21フライト約10分 x 3セット

オプション

以下は別途お見積させていただきます。

  • ロケハン
    ディレクター、カメラマンとシュミレーションを行い、本番撮影に備えます。
  • カメラアングルオペレーター
    最適なフレーミングをするためにアングルオペレーターが必須となります。
  • ギンバル(Freefly MōVIシリーズ)
    Freefly MōVI M5/Freefly MōVI M10/Freefly MōVI M15をカメラ機材に合わせて選定します。
  • 出張費(現地までの往復交通費、高速道路利用料など)

6ローターマルチコプタープラン

空撮機材
3軸ギンバルMOVI5搭載6ローターマルチコプター
搭載可能カメラ
Lumix GH4/SONYα7/5D MarkIII/BMCC など  ※最大積載:2.35キロ

基本プラン

●基本プランに含まれるもの

  • 1事前打ち合わせ(撮影状況、機材、その他オプション)
  • 21フライト約6分 – 8分 x 5セット※条件によります

オプション

以下は別途お見積させていただきます。

  • ロケハン
    ディレクター、カメラマンとシュミレーションを行い、本番撮影に備えます。
  • カメラアングルオペレーター
    最適なフレーミングをするためにアングルオペレーターが必須となります。
  • ギンバル(Freefly MōVIシリーズ)
    Freefly MōVI M5/Freefly MōVI M10/Freefly MōVI M15をカメラ機材に合わせて選定します。
  • 出張費(現地までの往復交通費、高速道路利用料など)

8ローターマルチコプタープラン

空撮機材
3軸ギンバルMOVI10/15搭載8ローターマルチコプター
搭載可能カメラ
FS700/RED など  ※最大積載:5.0キロ

基本プラン

●基本プランに含まれるもの

  • 1事前打ち合わせ(撮影状況、機材、その他オプション)
  • 21フライト約5分 – 8分 x 5セット※条件によります

オプション

以下は別途お見積させていただきます。

  • ロケハン
    ディレクター、カメラマンとシュミレーションを行い、本番撮影に備えます。
  • カメラアングルオペレーター
    最適なフレーミングをするためにアングルオペレーターが必須となります。
  • ギンバル(Freefly MōVIシリーズ)
    Freefly MōVI M5/Freefly MōVI M10/Freefly MōVI M15をカメラ機材に合わせて選定します。
  • 出張費(現地までの往復交通費、高速道路利用料など)

大型6ローターマルチコプタープラン

空撮機材
3軸ギンバルMOVI15搭載大型6ローターマルチコプター
搭載可能カメラ
RED EPIC DRAGON/SONY F55など  ※最大積載:6.0キロ

基本プラン

●基本プランに含まれるもの

  • 1事前打ち合わせ(撮影状況、機材、その他オプション)
  • 21フライト約5分 – 8分 x 5セット※条件によります

オプション

以下は別途お見積させていただきます。

  • ロケハン
    ディレクター、カメラマンとシュミレーションを行い、本番撮影に備えます。
  • カメラアングルオペレーター
    最適なフレーミングをするためにアングルオペレーターが必須となります。
  • ギンバル(Freefly MōVIシリーズ)
    Freefly MōVI M5/Freefly MōVI M10/Freefly MōVI M15をカメラ機材に合わせて選定します。
  • 出張費(現地までの往復交通費、高速道路利用料など)

【注意事項】-安全を第一に運航します-

※使用するカメラにより、本プラン標準構成の機材とは別の構成をご提案することがあります。
※ご依頼内容により、オプション等必要構成の組み合わせが変更となりますので、最終的には機材構成確定後の詳細お見積もりによって価格が確定となります。
※乱気流が発生する場所、風速が規定以上(6m)の場合は中止をする場合があります。(ロケ地などお気軽に御相談ください。)
※住宅密集地帯、人ごみなど、不特定多数の人間が大勢いる中での撮影はお断りしています。
※高圧電流施設、変電所付近など電波障害により飛行出来ない場合もあります。
※雨天時の撮影はお断りしています。
※撮影ご希望日より10営業日前までにご予約ください。

Compliance

万全の体制

万一の際の補償体制も整えています。
総務省総合通信局認可の業務用電波を使用して空撮運用をしております。

総務省認定ライセンス

空撮時の画像伝送は総務省総合通信局認可の業務用電波を使用し、 地上で空撮時の映像を遅延なくプレビューする事によりディレクター・カメラマンとカメラアングルオペレータはコミュニケーションをしながら最適なフレーミングを行います。

※操縦者は陸上特殊無線技士の免許を所持しています。
総務省電波利用ホームページ

対人・対物をカバーする損害保険

不意のアクシデント損害に対応するため、対物・対人に関する損害保険に加入しています。 仮に撮影現場にて障害物に接触するなどの事故が発生した際に適用される損害保険です。
当社では安全には万全を期していますが、 万一の不測の事態に備えて最高1億円までの損害保険(対人・対物)に加入しています。
要望に応じて最高5億円までの保険に加入出来ます。

※弊社所有以外の機材は補償対象外となりますのでクライアント様側で補償をお願い致します。

Reservation

サービスのご予約

空撮サービスについてのご予約、またはお問い合わせは下記にご記入ください。